電子工作で使う最低限必要な工具

ここでは、電子工作で使う最低限必要な工具を紹介します。

 

電子工作をするためには、電子部品と電子部品、電子部品と電線、電線と電線を接続して回路を構成します。それには電子部品の足を切断(リードカットと言います)したり、曲げたり、掴んだり、電線とつなげたりする工具が必要です。

 

どのような工具があるか見ていきましょう。

 

ニッパ

電子部品の足を切断したり、電線を切断したりするときに使います。大小、さまざまな種類があり鉄線・銅線を切断する切断能力というスペック(仕様)があります。硬いもの、太いものを切断しようと思えば大きなニッパが必要になり、小さなニッパで硬いもの、太いものを切断すると刃が欠けてしまうので用途に応じて使い分けましょう。

 

フジ矢スタンダードニッパ60-125

一般的なニッパで、少し大きな部品の足を切断したり、電線を切断したりするのに使います。(メーカ:フジ矢、型番:60-125、スタンダードニッパ:鉄線Φ1.2mm、銅線Φ2.0mm)


 

ホーザンミニチュアニッパN-32

一般的なニッパで、主に電子部品の抵抗器、コンデンサなどの足を切断するときに使います。(メーカ:ホーザン、型番:N-32、ミニチュアニッパ:銅線Φ2.0mm)


 

ホーザンミニチュアニッパN-31

細かな部品の足を切断したり、連続して作業をするときに使います。コイルバネが入っているので閉めると自動的に開き作業は楽で疲れません。(メーカ:ホーザン、型番:N-31、ミニチュアニッパ:銅線Φ1.3mm)


 

ワイヤーストリッパー

電線を切断したり、被覆電線の被覆を剥がすときに使います。電線の太さは、AWG(米国ワイヤーゲージ規格 American Wire Gauge)で表されます。

 

ワイヤーストリッパー

被覆電線の太さに応じて刃を選びます。(左 [仕様:AWG30~18、メーカ:ベッセル、型番:3500E-2]、右[仕様:AWG24~12、メーカ:ベッセル、型番:3500E-1] )


 

ラジオペンチ

電子部品の足や電線を掴んだり、曲げたりするときに使います。ラジオペンチには大小、さまざまな種類があります。

 

ホーザンラジオペンチP-15

コンパクトな汎用型のラジオペンチでナットなどが挟めるように、くわえ穴が付いています。(メーカ:ホーザン、型番:P-15)


 

ホーザンミニチュアラジオペンチP-35

精密作業用のミニチュアラジオペンチで細かな部品を掴むときに使います。コイルバネが入っているので閉めると自動的に開き作業は楽で疲れません。(メーカ:ホーザン、型番:P-35)


 

ピンセット

細かな部品を掴んだりするときに使います。ピンセットには大小、さまざまな種類があります。一般的に材質はステンレスですが、電気を通さないセラミック、竹などがあります。大きなもの、重たいものを無理に掴もうとすると先端が曲がってしまうので用途にあわせて使います。最初は一般的なピンセットで十分で、レベルが上がれば使い分けていきましょう。

 

ホーザンP-87ピンセット

一般的なピンセットです。(メーカ:ホーザン、型番:P-87)


 

ホーザンP-881ピンセット

細かな部品を掴むときに使います。(メーカ:ホーザン、型番:P-881)


 

エンジニアPT-21ピンセット

表面実装部品(SMD)を掴むときに使います。(メーカ:エンジニア、型番:PT-21)


 

ミネシマF-5AAピンセット

先が曲がったタイプで狭いところでも掴んだものが見えます。(メーカ:ミネシマ、型番:F-5 AA先曲ピンセット)


 

はんだこて・こて先

はんだという合金を熱で溶かして、電子部品と電子部品、電子部品と電線を接合して回路を構成するときに使います。はんだこては電力の表示(W数)があり、電子部品用には20W~30W程度、電線用には太さにもよりますが、30W~50W程度のものを使います。こて先は色々な形状があり容易に交換できるようになっています。安価なものは、こて先の温度が制御できないものもありますが、はんだ付けの品質に影響するので、できれば温度制御付きのものが望ましいです。

 

白光はんだごてFX-600

はんだこては、はんだ付けの品質に影響するので温度制御付きのものを使います。(メーカ:白光、型番:FX-600)


 

電子工作で使う最低限必要な工具

こて先です。左が先端を平たくしたタイプ、右が円錐型のタイプ


 

はんだこて台

はんだこてを置く台です。はんだこてのこて先を清掃するのに、スポンジタイプとワイヤータイプがあります。スポンジタイプは少量の水を浸して使いますが、その際、こて先の温度が下がります。ワイヤータイプは水を含まないので、こて先の温度を下げることなく清掃できます。

 

白光はんだごて台633-02

はんだこてを置く台です。こて先の清掃は共晶はんだ、鉛フリーはんだによって、スポンジ、ワイヤーと替えています。(メーカ:白光、型番:633-02)


 

はんだ

はんだには、鉛を含むものと鉛を含まないものがあり、一般的に鉛を含んだものを共晶はんだと言い、すずと鉛の合金です。鉛を含まないものを鉛フリーはんだと言い、すず、銀、銅の合金です。はんだの形状は、クリーム状のもの、棒状のもの、糸状のものがあり、電子工作ではΦ0.6mm~Φ1.0mmあたりの糸状のもの(糸はんだと言います)を使います。

 

日本アルミットKR-19共晶はんだ

共晶はんだ(すず60%、鉛40%)、太さはΦ1.0mmです。(メーカ:日本アルミット、型番:KR-19)


 

ホーザンHS-302鉛フリーはんだ

鉛フリーはんだ(Sn-3Ag-0.5Cu)、太さはΦ0.6mmです。(メーカ:ホーザン、型番:HS-302)


 

フラックス

フラックスは、はんだを潤滑にするための促進剤です。通常ははんだの中に入っています(ヤニ入りはんだと言います)が、はんだの拡がりが悪い場合などに使います。また、基板銅箔面の酸化防止の効果もあります。

 

フラックス

左のものにはキャップに刷毛が付いていないので別に刷毛が必要ですが、右のものには付いています。(左[メーカ:サンハヤト、型番:H-10F]、右[メーカ:白光、型番:H-728])


 

はんだ吸取線

はんだ付けした部品を取り外すとき、または間違ってはんだをしたときなど、はんだを除去したいときに使います。はんだこてではんだを溶かし、溶けたはんだをこの吸取線で吸い取ります。長い時間、はんだこてを当てると熱で部品が壊れたり、基板パターンが剥がれたりするので、テクニックが必要です。色々な種類があり吸取線の長さ、幅があります。

 

白光はんだ吸取り線87-4

左は幅5.0mm、右は幅2.5mmのはんだ吸取線(左[メーカ:サンハヤト、型番:No.87-6]、右[メーカ:サンハヤト、型番:No.87-4)


 

はんだ吸取器

はんだ吸取ポンプとも言い、はんだ吸取線と同じように、はんだを除去したいときに使います。電動で吸い取るタイプと手動で吸い取るタイプがあり、電動タイプは高価なので手動タイプのものを使っています。使い方は先端の棒を押して引っ掛け、それを解除することでバネの力を利用して真空を起こし、はんだを吸い取ります。吸い取られたはんだは本体の中に溜まるので時々、分解して除去します。先端は、はんだごてと接触して溶解するので時期を見て交換します。

 

ホーザンはんだ吸取器PT-109

はんだ吸取器、到達真空度は約50kPa、よく吸い取ります。(メーカ:ホーザン、型番:PT-109)


試作・実験用の基板ほか

電子工作の試作で使うブレッドボード、基板などです。

 

ブレッドボード

はんだ付けが不要で、電子部品やジャンパー線を差し込んで電子回路を組み立てられるボードです。色々な大きさがあります。

 

ブレッドボード

左が大きいタイプ(メーカ:E-CALL ENTERPRISE、型番:EIC-108J)、右が小さいタイプです。


 

ブレッドボードのジャンパー

ブレッドボード用のジャンパー線セット


 

みのむしクリップ付きコード

電線の先端は挟めるようにクリップになっており、これらを接続して回路を構成します。

 

みのむしクリップ付きコード

左が小さいみのむしクリップ、右が大きいみのむしクリップ


 

ユニバーサル基板

電子回路を製作するときに使います。基板の材質は紙フェノールタイプとガラスエポシキタイプがあり、ランドが片側にあるものと両側にあるものがあります。

 

ユニバーサル基板

サイズは、縦132mm、横232mm、片面の紙フェノールです。電子部品を実装する面なので部品面(表面)と言います。(メーカ:サンハヤトト、型番:ICB-98-FL)


 

電子工作で使う最低限必要な工具

はんだする面(裏面)なので、はんだ面と言います。


 

電子工作で使う最低限必要な工具

はんだ面のアップです。穴の空いたランドはφ1mm、ランドの間隔は2.54mmです。


 

すずめっき線

ユニバーサル基板で配線するときに使います。サイズはφ0.32mm~φ2mmくらいの種類があります。主に電源ラインで使いますが、電子工作の場合は余り太いものは使いません。

 

すずめっき線

φ0.6mm すずめっき線(メーカ:協和ハーモネット、型番:TCW)


 

ジュンフロンETFE電線

ユニバーサル基板で配線するときに使います。私はφ0.32mm(AWG28)の白色を使っています。主に信号ラインで使います。

 

ラッピング用ジュンフロン電線

ラッピング用ジュンフロンETFE電線φ0.32mm(AWG28)(メーカ:潤工社、型番BE030A030)


その他

必須ではありませんが、あれば作業がはかどります。

 

ヒートクリップ

ヒートクリップ

はんだこての熱で電子部品が壊れないように電子部品の足に挟んで放熱させ、熱から保護するためのクリップです。


 

IC引き抜き治具

IC引き抜き治具

ICソケットに挿入した、DIP型、PLCC型のICを引き抜くための治具です。


 

ハンドルーペ

ハンドルーペ

細かな部品を見たいときに重宝します。スイッチを押すとLEDランプが光ります。2級電子機器組立て技能士の技能試験で使いました。(メーカ:オーム電機、型番:BT-Z0288PL)


 

ルーペ付きLED卓上スタンド

ルーペ付きLED卓上スタンド

ハンドルーペと違い両手が使えるので本格的な細かい作業をするときに重宝します。ルーペの周りには LED が実装されよく見えます。(メーカ:オーム電機、型番:ODS-L8093-W)


最後に

ここで紹介したニッパーなど一部の工具は、100円ショップなどでも揃えることができます。

 

私も使っていますが、やはり「餅は餅屋」です。取っ掛かりとして使う分にはいいと思いますが、メーカー品はよく研究されており手に馴染んで手放せなくなります。
色々なメーカーから販売されていますので使いやすく、気に入った工具を探してみてください。