卓球と電子工作、電気資格のサイトです。

5. 発射部の製作(その2)

払い出し部の方は、なんとか目処がついたので、それを置く台と発射部の検討を始めました。まずはVU-40塩ビパイプを切断、加工します。今回はワンモーターとしました。ツーモーターで試行錯誤していましたが、ボールの軌道が上に行ったり、下に行ったり、横にそれたりで微妙に安定しません。上下のゴムタイヤの位置、タイヤの種類、ちょっとした何かが影響しているのかな?

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

塩ビパイプの反対側は輪ゴムを取り付ける溝を作ります。押出方式はボールを前に押し出して発射部に送りますが、送るスピード、ボールとボールの微妙な間隔で不規則にボールが発射されます。輪ゴムは、それを防止するためボールをせき止める役割をします。当初、先駆者の方のホームページを参考にさせてもらい、ほとんどの方がこの輪ゴム(または、それに準ずる方法)でボールをせき止める方法で製作されていますが、やがて輪ゴムが切れるだろうと思い別の方法を考えていました。例えばローラータイプの微小マイクロスイッチでせき止める方法などです。しかし、これ以上のアイディアが出なく、やはり一番簡単でコストがかからないこの方式を採用しました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

モーターを取り付ける板の横幅は、VU-40塩ビパイプに取り付けるサドルバンドの幅、約20mmとちょうど一緒になるようにMDF板を切断、穴空けをしました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

この大きな穴にM6六角ボルトを取り付けます。小さな穴はM3スペーサにて取り付けます。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

パイプにサドルバンドを取り付けます。塩ビパイプとサドルバンドの間に1mmのゴムシートを入れて隙間を埋めます。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

モーターを取り付ける板を取り付けます。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

マブチモーターRE-280RAにモーターベースユニットを取付、それをL金具に取り付けます。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

こんな感じで取り付けました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

正面から見たところ、モーターの位置を変えられるように蝶ナットを使いました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

ちなみに、ツーモーター仕様は、こんな感じで作りました。

MDF材と塩ビパイプとモーターを使った自作卓球マシンの製作

 

後ろから見たところ

MDF材と塩ビパイプとモーターを使った自作卓球マシンの製作

 

これもモーターの位置を変えられるように蝶ナットを使いました。

MDF材と塩ビパイプとモーターを使った自作卓球マシンの製作

 

払い出し部の本体の台は、上下約15°、傾くように溝を作りM6蝶ナットで固定するようにしました。左右の板は同時に動かせるように左と右の間に固定する方法を検討中です。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

横から見るとこんな感じ

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

こんな感じで上下を調整します。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

正面から見るとこんな感じ

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

 

発射部を取り付けて完成です。ワンモーター仕様では、やはり上回転、下回転、横回転と回転方向を変えて練習したいので、発射部を取り外せる方法を考えていました。ツーモーターではボールのスピードも速くなり、上と下のモーターをコントロールすることで、回転のバリエーションが望めそうです。私の場合、上回転は普通にスマッシュ、ドライブ(もどき?)等で返球する練習は出来ているようですが、やはり下回転のツッツキ、払い(フリック)、ループドライブが苦手です。カットマンのように相手が下回転(横回転も入っている!)で打ってきたその瞬間、もう、どうしてよいやらと焦ってしまいます。

MDF材と塩ビパイプとモーターを使った自作卓球マシンの製作

 

ボールを発射している様子です(注意!音が出ます)。

 

う~ん、頭の中のモヤモヤが目で見える形でアウトプットされましたが何か物足りないなぁ~、ワンモーターでも微妙に軌道が安定しません。微妙なんですよ。おそらく、塩ビパイプの内径44mmとボールの直径40mm、その差の4mmでボールが微妙な位置にいるのかな?発射モーターのタイヤにはタミヤ製ミニ四駆のゴムタイヤを取り付けていますが、スポンジタイプもあるようで一度、それに交換してみようかと考えています。市販の卓球マシーンを見ていると、専用のモーター、専用のゴムタイヤ(ゴムローラー)を使ってボールとの接触面積を多くし、隙間がないように感じます。次は電気部分で、先日購入した、Arduino nanoを使ってDCモーターをPWM制御してスピードコントロールを考えます。

PAGETOP
Copyright © Minoya Laboratory All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.