卓球と電子工作、電気資格のサイトです。

14. 2号機の製作

1号機は、基板と電池がむきだしになっていたので、作り直しました。
また、Arduino nano基板を使っていたので、新たに、ATmega328Pマイコン基板(8MHz動作)を製作しました。

MDF材と塩ビパイプとArduinoマイコンを使ったリモコン自作卓球マシンの製作

 

後ろから見たところ

MDF材と塩ビパイプとArduinoマイコンを使ったリモコン自作卓球マシンの製作

 

下のふたを外すと、ATmega328Pマイコン基板、マイコン用電源(単3電池×4個)、モーター電源が見えます。

MDF材と塩ビパイプとArduinoマイコンを使ったリモコン自作卓球マシンの製作

 

1号機の上下角度は、上下±15° とし、発射部の高さも高くしていたので持ち運びに少し不便でした。2号機では、上に20°、下に10° に変更して、発射部の高さも少し低くしました。これで持ち運びがしやすくなりました。近いうちに、試し打ちをしたいと思います。

PAGETOP
Copyright © Minoya Laboratory All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.