卓球と電子工作、電気資格のサイトです。

自作卓球マシン

  • HOME »
  • 自作卓球マシン

プロローグ

 

2007年、ふたりの息子は大きくなり子供に手がかからなくなる年代になりました。 これからは自分の時間ができたなぁと考えていた時、小学生の頃に、ちょっとだけ習った卓球に目覚め、週1回ほどですが卓球教室に通い始めました。途中、膝を痛めてブランクがありましたが、今日までなんとか続いています。

何度か試合に出ましたが、上級者の方と試合をすると、3球目、4球目攻撃ではなく、サーブ、レシーブの雨嵐で1球目?、2球目?攻撃で沈没してしまいます。上手い人はサーブだけで確実に点数を取りに行きますね。

仕事の合間に週1回の練習では上達は難しく、納期が迫って残業の日々が続いたり、出張等で練習に行けない時もあり、すぐに覚えたことを忘れてしまいます。 う~ん、サーブの練習はひとりでもできますが、レシーブの練習は相手にサーブを出してもらわないといけません。しかし、お互いに初級者同士なので、サーブを出す方も安定しませんし、レシーブする方も相手に気を遣ってしまい、ミスをしないように思い切って打つことができません。やはり自分で基礎練習を重ねて取り組み、同じ球質で感覚をつかみたいですね。

そこで、前から気になっていた卓球マシンを製作して、自分の課題練習に取り組もうと思い立ちました。

1. 払い出し部の製作

払い出し部の検討から始めました。

自作卓球マシンの製作

 2. 発射部の製作(その1)

発射部の検討をしました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

3. 自然落下方式の製作

自然落下方式にこだわり、ツーモーターを考えました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

4. 押し出し方式の製作

自然落下方式は断念、押し出し方式で考えました。

ポリバケツとMDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

5. 発射部の製作(その2)

発射部のツーモーターをワンモーターに変更しました。

MDF材と塩ビパイプとモーターを使った自作卓球マシンの製作

6. 発射部のタイヤ変更

発射部のタイヤをスポンジに代えてみました。

MDF材と塩ビパイプとタイヤを使った自作卓球マシンの製作

7. 制御部の検討

Arduino nanoで制御を考えてみました。

ArduinoマイコンでPWM制御を使った自作卓球マシンの製作

8. 制御部の製作

自作プリント基板を作ってみました。

自作卓球マシン製作で使うプリント基板の作り方

9. 動作確認

Arduinoマイコンで動作確認をしました。

MDF材とArduinoマイコンで動かす自作卓球マシンの製作

10. 1号機完成!

制御部分を制御ボックスに入れて、持ち運べるようにしました。

MDF材と塩ビパイプを使った自作卓球マシンの製作

11. リモコン検討

やはりケーブルは邪魔なので、リモコンを考えてみました。

自作卓球マシンのArduinoリモコン制御の製作

12. リモコン組込み

リモコンを本体に組んでみました。

自作卓球マシンのArduinoリモコン制御の製作

13. 捕球ネットの検討

やはり、捕球ネットは必要ですね。

自作卓球マシンの捕球ネットの製作

14. 2号機の製作

1号機の制御部分を見直しました。

MDF材と塩ビパイプとArduinoマイコンを使ったリモコン自作卓球マシンの製作

15. 3号機の製作

2号機に少し手を加え、上下角度を ±30° にしてみました。

MDF材と塩ビパイプとArduinoマイコンを使ったリモコン自作卓球マシンの製作

16. 収納袋の制作

自作卓球マシンと捕球ネットの収納袋を制作しました。

塩ビパイプとAruduinoマイコンを使ったリモコン自作卓球マシンの製作と捕球ネット収納袋

17.自作卓球マシン3号機の製作図面

自作卓球マシン3号機の図面を整理しました。

自作卓球マシン製作の組立図面

 

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © Minoya Laboratory All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.