12月23日 (金) から3連休でしたので、23日 (金)、24日 (土) と卓球練習に行きました。

23日 (金) はいつもの卓球教室に行き、祭日の金曜日ということで金曜日のメンバーの方と、祭日を利用して練習に来られている方、あわせて10人位の生徒さんがいました。皆さん、40代から70代の男女の方が参加しての練習でした。5分ごとに練習生が入れ替わり、その中にコーチが入ります。練習内容は基本のフォア、バック、ツッツキ、フリックの練習から始まり、3球目攻撃をします。

最後はオールをしますが、コーチとのオールでは、ものの見事に私の動きを察知され、空いている場所へ速いボールを入れられてしまいます。例えば、コーチがミドルにショートサービスを出して、私がそれをフォアで返球したらこちらを攻め、バックで返球したらあちらを攻めるということを説明してくれました。なるほどと勉強になりましたが、身体が反応しません。また、コーチが横下回転系のバックサービスを出してきたので、私はその角度にあうラケット面を作れ、上手くツッツキで返球できたので、返球できた!と喜んでいたら、次の体制が取れなく決められてしまい、あ~あで終わってしまいます。悔しいなぁ~

今年に入って通える範囲に、新しい卓球場、卓球教室ができ、以前から気になっていたので、24日 (土) は練習に参加してみました。やはり新しくできた卓球場でしたので、床も卓球台も新しく気持ちがよかったです。生徒さんは私を含め 4人で他の3人の方は60代の初心者の方でした。初心者の方と練習をすると、私も始めた時は、こんな感じだったなと思い出し、今の自分のレベルに比べると少しは上達したかな?と感じます。初心者の方がミスをすると申し訳なさそうにすいませんと言われ、練習ですから大丈夫ですよと言いますが、私も中級者、上級者の方と練習をすると同じ気持ちになってしまいます。相手のいるスポーツは、自分と同じレベルか、少し上の方の練習相手を見つけるのが難しいですね。

私の課題は沢山あるのですが、今は下回転のバックハンドドライブの練習に取り組んでいます。両膝を少し曲げて身体を落とし、へその左側(私は右利き)でラケット面を作り、右上に振りぬいていきます。意識して練習しているときは、イメージ通り出来ているようですが、ボールの間隔が速くなると崩れてしまいます。以前、上回転のバックハンドドライブの練習ばかりしていたので、下回転がきても上回転の振りになってしまい、その瞬間、あっ!、となって、案の定、ネットに引っ掛けてしまいます。回転に応じた体制というか、ラケット面が作れていません。コーチからは練習あるのみ!と言われています。辛いなぁ~

コーチから、色々とアドバイスを受けていますが、課題が多く、練習が終わった時には、何を言われていたかな?と思い出します。自分の気持ちがそこにあるうち、記憶にあるうちに極力、忘れないようにノートに書き出しています。

会社に勤めながらの卓球練習は難しいですね。やはり仕事あっての生活ですので仕事が忙しくなると、どうしても時間が取られてしまいます。ある中小企業の社長の方が、「忙しいから出来ないのは普通の人、忙しい中でするから時間を意識し価値がある」と言っていました。

仕事も卓球も、その瞬間、瞬間を大切にし、その時に集中してモチベーションをそこに持っていき、昨日の自分より少しでも前に進み、達成感を味わいたいものですね。