いつものように卓球練習に行きましたが、練習の終わり頃にラケットのフォア面から、ポコッ、ポコッと音がし始めました。ふっとラバーを見ると剥がれかけていました。ちょっと前から剥がれかけて、気になっていたのですが、どうしようかな?

新しいラバーに替えようかと悩みましたが、このラクザXにしてから約3ヶ月くらい、週1回の卓球練習で、ラバーを見るとまだ使えそうと思い、張り直すことにしました。

卓球のラグザXラバー張り替え

 

スワットカーボンFLラケットから、ラクザXラバーを剥がしました。

卓球のラグザXラバー張り替え

 

バタフライのフリー・チャック2とクリップスポンジを用意しました。バタフライは商品名で会社の名前は株式会社タマスというのですね。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

剥がしたラバーは、前のフリー・チャックが残っているので、傷をつけないように手で取っていきました。ラバーに十円玉の大きさくらいで、フリー・チャックをつけます。目安に十円玉を置きました。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

クリップスポンジで、ムラのないように均一に塗っていきます。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

こんな感じで、塗れました。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

次はラケットに塗っていきます。これも前のフリー・チャックが残っているので、根気よく手で取っていきました。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

フリー・チャックの白い色が透明になるまで待ちます。周辺の温度、湿度にもよりますが、約20分くらい待ちました。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

位置を合わせて、ゆっくりと貼り付けていきます。貼り付けたら、上から強く押していきます。

卓球のラグザXラバー張り替え

 

ちゃんと張り付いて、大丈夫のようです。

卓球バタフライのフリーチャックでラグザXラバー張り替え

 

卓球を始めた頃は、サイドテープを貼っていましたが、だんだんと剥がれるようになり、今はサイドテープはしていません。時々、ラケットを卓球台に当てたりすることもあるので、やはり、サイドテープはしておいた方がいいのかな?と思うときがあります。

この、ラクザXラバーに替えてから約3ヶ月くらい経ちました。先日、コーチから球出しをしてもらい、ドライブの練習をしているときに、そのラバーは何?と聞かれ、ラクザXですというと、ちゃんと食い込んでいるなぁ~と言っていました。私は、これが食い込みという感覚?、なんとなくその感覚を理解したように感じました。正直、自分が上手くなっているのか、ラバーのせいなのか、よくわかりませんが、ラバーを替えるとわかるのでしょう。多分...

ちょっと気になる、XION(エクシオン)のオメガVプロという、裏ソフトラバーがありますが、このラクザX がダメになったら、オメガVプロにしてみようと思います。テナジーも使ってみたいのですが、やはり価格が厳しいですね。

8月も終わり、いつの間にかセミの鳴き声も聞かなくなりました。夏の暑さの中で卓球をすると、ちょっと動いただけで汗まみれになり、水を飲んでは疲れてしまって、ダラダラ練習になってしまいます。9月に入り、やっと朝晩が涼しくなり、一年の中で一番スポーツをしやすい季節がやってきましたね。

頑張って、練習するぞぉ~